交通事故で行った救急病院の先生に感動

以前、日曜日の夕方に追突事故に遭いました。
幸い、見た目に怪我はなかったのですが、警察の方に「むちうちになるかもしれないし、見た目に怪我が現れていないこともあるので、すぐに訪問診療なら大阪城東区の病院から行った方がいい」と勧められ、大阪府下病院は生野愛和で救急病院へ。
それまでも急な発熱や怪我で兵庫県下の病院は伊丹で安心救急病院へ行ったことはありましたが、交通事故は初めてで動揺してしまいました。
救急で尚且つ夜間ということもあり、なかなか受け入れ先の病院がなく、少し離れた病院へ行くことに。
診察してくれた先生は問診票を見るなり、「怖かったでしょ?大丈夫?」と優しく声をかけてくれました。
待合室もバタバタとせわしなく救急車が出入りする音が聴こえてきていたので、先生はきっと忙しかっただろうと思います。
それなのに見た目に重傷でもない私にまで優しく丁寧に接してくれて、動揺していた心を落ち着かせてくれました。
診察結果はやはりむちうちということで、何度か通うことになりましたが、いつも笑顔で優しく声をかけてくれた先生に今もすごく感謝しています。