真夜中に駆け込んだ病院で外科手術

今も忘れられない訪問で人気の病院こそ外科手術の事を時折思い出します。

その日、透析では人気の病院の夕食用の料理をしていて左手の親指を包丁で切りました。

ちょうど関節にあたるところで、福永記念診療所の血液クレンジングでは初めは大した事無いと思っていたのですが、時間の経過とともにジワジワと痛みが生じ、なかなか止血も出来ず、腕まで痺れが出るようになりました。

大事に至る前に何とかしなくてはと思い、救急外来のある病院へ行きました。

すると夜勤の医師が出てきて、私の指を見るなり「縫いましょう」と言いました。

人生初の縫合手術を受けることになった私は不安でたまりませんでした。

局所麻酔の注射をされ、左手の指が縫われていきます。

どうも縫い方がぎこちないです。
『先生、大丈夫ですか?』
内心、そう思いながらも面と向かってはとても言えません。

麻酔をしたはずなのに縫われている間めちゃくちゃ痛かったのを忘れることができません。

素人目に見ても決して上手とは言えない縫い方で三針ほど縫合されました。

翌日も消毒のために通院したのですが、外科の外来には前夜の手術をした医師のネームプレートは有りませんでした。

あの医者、いったい何科の担当だったんだろう。

更に後日、抜糸する際にも当然あの時の医師は居らず、もしかしたら耳鼻科や眼科の医者が指を縫ってたのかな?と思いました。

不器用ながら精一杯の処置をしてくれたのかなと思うと憎む気にもなれませんが、出来れば外科の医師に縫ってほしかったです。